• このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニのプライベートブランドは安い。プライベートブランドとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

コンビニのプライベートブランドは安い。プライベートブランドとは?
コンビニのプライベートブランドは安い。プライベートブランドとは?top

コンビニを出てふと目をやると、すぐ近くに同じグループのコンビニがあったりして一瞬戸惑うくらい、いまやコンビニエンスストアは日本全国にたくさんありますよね。

近所にあるとなにかと便利なコンビニ。いつの頃からか、陳列されている商品にそのコンビニのマークが入っているものが多く見られるようになりました。

これが「プライベートブランド商品」と言われる物で、略してPBと呼ばれていたりします。

ちなみにプライベートブランドの対義語がナショナルブランド(NB)。こちらはCM広告などでおなじみ、色んなお店に置いてある通常の商品のことを指します。

スポンサーリンク

プライベートブランド商品とは?

商品を販売しているお店側が商品を作っているメーカー側に注文し、作ってもらった商品を自分達のお店のオリジナル商品として取り扱ったものです。

たとえばセブンイレブンのプライベートブランド商品は、セブンイレブンにいけば購入できる。といった独自の強みをだすことができます。

プライベートブランドの良いところ

コンビニの入り口近くにある歯ブラシのコーナーとか見てみると、プライベートブランドの歯ブラシが、ナショナルブランドの歯ブラシに比べて値段が安かったります。
値札が横並びなので見比べやすいですね。

プライベートの利点ですぐ目に付くのが「安さ」です。

これは小売店側が企画して注文し、自信を持って自分の店にたくさん置くためであることと、
メーカー側も商品の広告や宣伝の費用を抑える事ができるので、商品の単価が安く抑える事ができるからです。

もちろん自信に裏付けされる市場調査が必要になりますが、そこは全国にたくさん店を構えていて24時間営業のコンビニ。
今現在お客さんに売れている商品はどういったものか、その動きを見るには最適です。

そしてその調査を元にメーカーに企画注文をしていますから、良い物が安く手に入るという流れができるのです。

安いわりにプライベートブランドが「いいな!」と思う事が多々あるのは、店が多く、最適の需要を調べやすいコンビニの強さがでているものと思われます。

プライベートブランドが「安かろう悪かろう」と思うのは早計。
ナショナルブランドに負けてない、自分にあった品物があるかも?といったお話でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です