• このエントリーをはてなブックマークに追加

余った年賀状、書き損じたはがきが捨てずに交換しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

余った年賀状、書き損じたはがきが捨てずに交換しよう!
余った年賀状、書き損じたはがきが捨てずに交換しよう!
子供の頃、面倒臭くなって油性ペンの一発書きをしてよく失敗していたものですが、書き損じたはがきや余った年賀状はいくつか条件がありますが、新品の切手やはがき等に交換することができます。

スポンサーリンク

郵便局に持って行ってみよう

はがき、郵便書簡や特定封筒の料金を表す料額印面の部分が汚れたり破れていたりしたものは不可となっていますが、そうでないようだったら設定された手数料を払う事で新品の通常切手や郵便はがきと交換してくれます。

例として通常のはがきの場合、交換手数料は5円です。

また服喪で年賀はがきが余ってしまった場合は、交換期限が設定されていますが窓口で請求書手続きすることによって無料で交換する事が可能。

このはがきの交換は、簡易局を除くすべての郵便局で可能です。

金券ショップを利用しよう!

また切手やはがき、年賀状は金券ショップで買い取りをやっているところがあります。
場所によっては古い年賀状も買い取ってくれるところも。

新品のはがきにではなくお金に換えたい場合は、近くの金券ショップを訪ねてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です