• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍の疑問アレコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

電子書籍の疑問アレコレ

電子書籍の疑問アレコレ

楽天のkoboや、AmazonのKindoleといった電子書籍端末販売競争も激化してますが、そもそも電子書籍自体がまだよく分からない。という人も少なくないと思います。

そういった初歩的な疑問を、よく分からず使用してた自分の為にも調べてみました。

電子書籍はパソコンはもとより、スマートフォンやタブレット端末、電子書籍端末を利用して、画面上にページを呼び出して読書できる電子化された本です。

数百冊の本のデータを片手サイズの端末で管理できるので、収納スペースに困らないことや、出先や長い待ち時間などでどこでも読めるといった利点があります。

電子書籍はインターネットを介して、色んな電子書籍ストアで購入できます。
電子書籍ストアによっては取り扱っているタイトル数が異なり、日々拡大はしているものの、そもそも電子書籍化されていないタイトルもあります。
自分が探している本のタイトルが電子書籍化されているかどうか調べるには、「電子書籍サーチ」が便利です。

電子書籍は、電子書籍を読むための専用アプリが必要になります。
電子書籍ストアからDLできるもので、基本無料です。

たとえば外では電子書籍端末で、家ではパソコンで読みたい。というように、手持ちの端末を状況によって使い分けたい人は「クラウドサービス」を行っている電子書籍ストアを選ばれるようです。

「クラウドサービス」は元々米amazonが始めたサービスで、購入した本のデータがamazonのサーバーで本棚のように管理されます。
購入者は端末から本棚にアクセスして読書できる仕組みです。
なので複数の端末から購入した本を読むことができます。

お値段については注目されているところですが、今のところ紙媒体のものより高いということは無いようです。
むしろ人件費・スペース・印刷代といった管理費用が相当削減できるためか、大幅に割引できるクーポンの配布や、サービスを行ったりしてます。
そういった機会をうまく利用すれば、欲しかった本がだいぶ安く買えたりします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です