• このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?
Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?

電子書籍というものが世にでてから、こうした流れが生まれるのは必然だったかもしれません。

「Kindle direct publishing」(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)とは、Amazonの「Kindleストア」で自分の作品を電子書籍として出版することができるサービスです。

ロイヤリティ(印税)は最大で70%!

通常、本の印税は販売価格の10%前後と言われていますので、破格の設定となってますね…

スポンサーリンク

「簡単」「確実」「自由」KDPのメリットとは!

Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?01

ロイヤリティが最大で70%に設定できる(条件有り)以外にも、

・出版社に持ち込みの必要が無い
・電子書籍なので印刷代もかからない
・在庫管理の心配も無い
・世界中の人に自分の作品が見られるチャンス
・「Kindleストア」にて48時間以内に販売
・手数料無料
・印刷版の本として販売する事も可能

など、メリットが盛り盛りです。

趣味で書きためていた作品が、ついに日の目を見るときが来たのかもしれません。

残念ながら自分はそういうものも、これから作り出すスキルも持っておりませんが…

すでにプロの漫画家も利用している「KDP」

2010年にうめ先生(小沢高広・妹尾朝子夫妻)が執筆された「青空ファインダーロック」が日本人漫画家初のKDP作品と言われてます。

また、ゲーム雑誌「ファミ通」がまだ「ファミコン通信」だった頃をご存知なら伝わるかと思いますが、「あんたっちゃぶる」や「おとなのしくみ」を執筆されていた鈴木みそ先生が、既刊の「限界集落(ギリギリ)温泉」をKDPで改めて販売した結果、利益が1000万円突破したという話もあり、紙媒体だから電子書籍だからといった垣根はとうに取っ払われた感触がいたします。

そこまでに至るには自身によるプロモーションの努力が必要だったとは思いますが、電子書籍でやっていこう!と思わせてくれる夢のあるニュースですね。

「CLIP STUDIO PAINT」でKindle向けコミック!

Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?03

イラスト・マンガ・アニメ制作ソフトとして有名な「CLIP STUDIO PAINT」通称・クリスタも、KDPに対応した機能を搭載。
簡単操作でKindleフォーマットに変換してくれるようになりました。

クリスタはマンガ大国と呼ばれる日本で生まれた、デジタルコミック制作に非常に適したソフトだけに、これからますますKDP生まれのマンガ作品が生まれてくるかもしれませんね。

まとめ

Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)で誰でも電子書籍作家に! 目指せ印税生活!?04

趣味で書いていた小説やマンガが電子書籍となって店に並ぶというのは夢のようであり、また、現実を突きつけられそうで恐さも有り。ですね。

公式サイトを調べていくと米国の源泉徴収税率の軽減措置の手続きが必要だったり、ロイヤリティ70%はやっぱり条件が厳しかったりと、それなりに超えるハードルは存在しているようです。

しかしこのチャンスを見逃す手はない!という方もおられるのでは?

KDP公式サイトのトップに、KDPの概要が分かる動画が用意されていますのでご紹介しておきます。
Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング公式サイト

KDPがくすぶらせていた才能を大いに披露する場になって、ここから名作が生まれることを願っておりますー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です