• このエントリーをはてなブックマークに追加

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今
ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今top

子供の頃にちょっと流行ったお話で、「厚みの部分がギザギザになっている10円は希少」だとか「昭和64年の500円玉は値打ちがある」とかありましたが、

実際のところ子供の頃話題にしてたそれらの硬貨はどのくらいの価値があるのか?

どういったものが価値がつくのか?

ふと気になって調べてみました。

スポンサーリンク

素人でも分かる! 希少硬貨は製造年がポイント!

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今01

現在でも利用されている硬貨ですが、発行枚数が年によって全然違っていたりします。

製造が多かった年と少なかった年を見比べてみると、その差は300倍以上のものがあったりします。

昭和62年の500円玉がどこも買取価格が高いのは、まさにそのことが理由になっています。

前述した7日間しか存在しない昭和64年(昭和64年は1/7まで)の500円玉ですが、平均で比べると発行枚数はずっと少ないものの、62年ものよりは多く発行されていました。

ちなみに62年の50円玉にいたっては記念としてケースに収められる、いわゆる「貨幣セット」用のみ。

ですので62年の50円玉はとても高い価値が付いているようです。

なぜ昭和62年の500円や50円硬貨は発行が少なかったのか

単純に発行しなくても世の中に硬貨が十分足りていたというのがあり、各硬貨が昭和60年前後あたりで発行が抑えられていたのがひとつ。

もうひとつが62年は記念金貨発行のため、もともと枚数が足りてた50円玉や500円玉が後回しにされたためと言われています。

ちなみに1円玉や5円玉は62年でもそこそこ発行されていた為か、そんなに買取価格は高くないですね。

5円玉については昭和32年、1円玉は平成22年から平成25年のものがプレミア価格になっています。

やはり発行枚数が少なかった年がポイントになっており、1円玉は平成23年から平成25年まで「貨幣セット」分しか発行されなかった模様。

「貨幣セット」分のみ製造年の硬貨は、自分の財布を覗いても見つかりそうにないですね…

ギザ10や100円玉の希少価値は?

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今02

子供の頃は、お釣りに紛れてたらなんか得した気分になっていた、外側に溝がついていた10円玉。通称「ギザ10」。

しかし10円玉や100円玉は何かと利用する機会も多く、発行数も他に比べて安定していた為かプレミアがつきにくいのが現状のようです。残念。

ただ、私が調べたところだと発行数はそれほど低くない年みたいなのにえらく昭和26年の10円玉が結構なプレミアがついていたりしました。

あとギザ10は溝がある分今の10円より軽く、古さからの磨耗もあって偽造硬貨判別の精度が高くなっている自販機では利用できないケースがあり、自販機からギザ10が!という出会いのチャンスも年々無くなってきているようです。

ちょっと分かりづらい昭和61年後期の10円玉の希少価値

「手変わり」とよばれる、よーく目をこらして見てみると硬貨に描かれた絵に若干変化が加えられているもの。

「手変わり」自体は他の硬貨でも見受けられるものですが、昭和61年後期発行の「手変わり」10円玉はなぜかよくプレミアとして取りあげられたりしています。

私のような素人目だと、言われてみればたしかに違う…ような? くらいの変化なので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

エラーコインの価値

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今03

エラー硬貨とも呼ばれているエラーコインは、早い話が硬貨発行時の失敗作。

50円玉や5円玉の穴の位置がズレてたり、穴が空いてない硬貨もエラーコインに分類されています。

なお、穴がズレているのより穴が空いてないものが希少価値が高く設定されてますね。どちらも実際拝見した事がありませんが…

絵自体がズレてしまっているものはさらに高価で、すごい価格で落札されているとか。

まとめ

ギザ10・穴の空いてない50円玉… 希少硬貨の今04

日本はお金の発行技術は世界でもトップクラスらしく、年数が新しいものほどこういったエラーコインの発生は極めて低いと言われています。

もし財布に偶然入っていたら… どうしましょ? 売ってしまうのもちょっと勿体ない気がしますね。

また、高額取引を狙った偽造品も少なくないそうなので、オークションなどを利用される場合はご注意を。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です