• このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋の壁に空いた穴を補修する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

部屋の壁に空いた穴を補修する方法

壁ドン。

なんか一時期、女性を口説く時の最後の〆のような意味で使われていたような気がしますが、壁ドンに限らず不意に部屋の壁に穴が空いてしまった場合に、業者に頼らず自分で補修してみる方法がyoutubeにありましたのでご紹介です。

動画を制作された方もサイトで仰ってましたが、刃物も利用しますし、それなりに技術がいる作業だと思います。

自己責任で行う事もそうですが、無理そうなら素直に業者に頼るべきでしょうね。

微妙な力加減も必要そうなんで、下手すると穴が拡大してしまうかも…

スポンサーリンク

補修作業の流れをチェック

動画の流れを簡単に説明します。
まず、補修の道具をそろえる事が前提で

穴周辺の壁紙を四角に切り、穴も周辺の破片を取り除き平らにする。

専用のテープを使い、穴がふさがるように網目状の土台を作る。

パテを水と混ぜ、粘土状になったら、網目状の土台の上に塗り、3時間乾燥。

乾いた所で平らになるまで紙ヤスリをかけたら、仕上げに雑巾でキレイにする。

同じ模様のクロスを切り出し、少し大きめに四隅をマスキングテープで固定する。

壁のクロスごと少し大きめに切り、切った元のクロスを剥がす。

新しいクロスに糊をつけ、ヘラで全体に伸ばしたら、壁に貼りローラーでキレイにする。

といった流れですね。

補修に使われた道具をチェック

動画に紹介されている補修に使われた道具は、紹介されていたもので

1.穴埋めパテセット[内容物]パテ・穴埋め用テープ・ヘラ
2.紙やすり
3.クロス用のり
4.カッターナイフ
5.クロス用ローラー
6.マスキングテープ
7.バケツ
8.クロスの見本帳(WALL COVERING SANGETSU)

の、以上9点。

あと必要そうなので

・ゴム手袋
・計量カップ(水160cc計れるもの)
・ぞうきん

でしょうか。

補修に使用されていた道具の情報もいくつかメモしておきます。

家庭化学工業:石こうボード穴埋めパテセット 400g

ビクトリー:紙ヤスリミックスS KM−1(8枚セット)

セメダイン:セメダインかべっ子50ML

ハウスボックス:クロス職人 ローラー

クロス(壁紙)の見本帳については、どうも見本帳自体は1円ないし無料のようで、その見本帳からクロスの番号を控えてメーカーに注文するのが正規の流れみたいですね。

動画では見本帳のをそのまま利用していましたが、あまり見かけない壁紙の場合はアウトかも?

あと水160ccを計るものを持っていない場合に
ナカヤ化学産業株式会社:計量カップ200ml

カッター・マスキングテープ・バケツなどは近くのコンビニや100円ショップでも購入できそうなので割愛しますが、2枚重ねのクロスを同時に切るところがあり、カッター選びはちょっと悩みますねー

私も空けてしまったことがありますが、石膏ボードの壁はけっこう脆いんですよね…
女性がよろけてヒジが当たっただけでも十分へこむものだと思います。

拳くらいの大きさの穴なら自分でなんとかなりそうなのは朗報でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です