• このエントリーをはてなブックマークに追加

水分補給は水筒で!ジュース代を節約しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

水分補給は水筒で!ジュース代を節約しよう!

水分補給は水筒で!ジュース代を節約しよう!

暑い日々が続いております。
部屋ではエアコンがフル稼働、扇風機がガンガン回転数をあげているご家庭も少なくないでしょう。
今年も熱中症に倒れる人がたくさんいらっしゃいます。
世は省エネが叫ばれていますが、電気は節約しても、せめて水分の補給はマメにとっていきましょう。

水分補給のため自販機で缶ジュースの購入も多くなったりしますが、こうも暑い日々が続くとジュース代も馬鹿にならなくなってきますよね。
そういったことで、外を歩くときはもちろん、会社に水筒を持ってくる人も少なくありません。

水筒も色々種類があります。
利便性や安全性、保温性など、購入する際のチェックポイントをあらかじめ確認して、失敗の無い買い物をしたいものです。

まずどんな使用用途でも共通して選びたいのが、「壊れにくいもの」と「洗浄しやすいもの」。
「壊れにくいもの」は、作りが単純なものほど壊れ難い傾向があります。
持ち運ぶものですから、うっかり落としたり、どこかにぶつかってすぐ壊れてしまってはガッカリです。

「洗浄しやすいもの」は水筒の内側に継ぎ目が無いものと、洗浄する際奥までしっかり洗えるもの。
スポンジを箸で摘むなりしてだいたいいけますが、やはり長く飲み物を入れておく物ですから、しっかり奥まで洗えるものにしたいです。
水筒の内側に継ぎ目があるものは、その継ぎ目の部分に飲み物の残存物が溜まって、これもまた衛生面で良いとはいえないからです。

素材は人気の面でもステンレス製のものが良いですね。丈夫で長持ちは心強いです。
しかし主流になっているステンレスボトルですが、通常タイプだと水やお茶を入れる用に作られています。
内部の金属に腐食が進行しやすくなるため、塩分の入った飲み物を入れて使用することは禁止している水筒は少なくありません。スポーツドリンクも該当します。
どうしてもスポーツドリンクを入れたい場合は「スポーツタイプ」のステンレスボトルを探して注意事項を確認してみましょう。

コップ付きのものは会社のデスクや、キャンプでシートに腰を下ろした際など、ゆっくり座ってお茶の時間のときによいですね。女性向けともいえるでしょう。

逆に動きながら、たとえば道を歩きながらとか、すばやくググッと飲みたいときなどはコップがついていない直飲みタイプがおすすめ。こちらは男性向けかな?

沢山飲む人はもちろん容量にも気をつけましょう。
外観で判断したけど、思ったほど入らなかった…ってことがないように。
ちなみに容量の少ないものほど水筒の中身の温度が変化しやすいそうです。
よくばって容量がすごく大きいものを買ったら、重くて持っていきたくない。なんてことにならないように注意してくださいね。

水筒は、人気の商品で高いものでも2000円くらいで購入できます。
自販機で一日2本くらい缶ジュースを買っているとすると、10日もすれば元がとれるお値段です。
いままでジュースで身体の渇きを潤してた人も、思い切って水筒生活始めてみませんか?

象印 保冷・保温ステンレスマグ TUFF 0.36L SM-KB36

片手でフタが空く使いやすさと、持ち運びに便利なコンパクトサイズ

voda ステンレス スポーツ ジャグ 2000 2L

2リットル! 直飲み! スポーツボトル!

ダイレクト ステンレスボトル 1リットル カバー付 FORTEC

お値段も安く、持ち運びに便利な肩掛けベルト付がうれしい!

オルゴ 大容量水筒ポータブルジャグ2.3L PJS-23

大容量とと保冷力に優れたワイルド使用!

というわけで人気商品の中で、コンパクトサイズから大容量をチョイスしてみました。
是非参考になさってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です