• このエントリーをはてなブックマークに追加

CDやDVDといったディスクの傷の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

CDやDVDといったディスクの傷の話

CDやDVDといったディスクの傷の話

ディスクといえばひと昔前は音楽CDくらいだったのに、あれよあれよと増えたり、ときに減ったりて、現在ではCD・DVD・Blu-rayなどが名を連ねていますね。

音楽や映画、ゲームなどに使われる記録媒体でありますが、長く利用していたり、ふとした拍子にディスクの傷がついたりすることもあるでしょう。

随分ディスクの読み取り部分が傷ついているのに、データを読み込んでくれたり、逆にちょっとの傷でデータを読み込まない場合があります。

これは読み取り機器のレンズの汚れ等や使用頻度による劣化も考えられますが、ディスクの傷の付き方にも問題があるかもしれません。

ディスクは読み取り機器の中で回転し、そこにピンポイントにレーザーを当て、円の動きでデータを読み取ります。
なのでケーキを分割するときのような縦の傷には幾分強いですが、円周に沿った傷だと、データが読み込めない可能性が高いのです。

またデータの密度が高いディスクほど表面がデリケートです。
なので、比較的記憶容量の少ないCDは、記憶容量の多いDVDやBlu-rayより傷に対していくらか強いです。

こういった理由から、Blu-rayのような表面がデリケートな記録媒体用の研磨機材が作られるまで、中古ショップでもBlu-rayは研磨をしない。といったところもありました。

ディスクの傷みの症状には、ディスク中心の穴のところにヒビが入ったものがあります。
読み取り部分じゃないからいいや、と思って使用するのはやめた方がよいです。

中心傷とも呼ばれるこの傷は、読み取り機器によっては突起にディスクの中心の穴をはめて起動させますが、その際回転中にディスクの中心に負荷がかかり、ヒビが拡大してディスクが読み取り機械の中でバラバラになる恐れがあります。
中心傷がみられるディスクの使用は控えた方が無難です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です