• このエントリーをはてなブックマークに追加

家の壁に穴を開けないで壁フックを取り付けたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

家の壁に穴を開けないで壁フックを取り付けたい

家の壁に穴を開けないで壁フックを取り付けたい

カレンダーやキーホルダー、オフィシャルなら配線コード、壁掛け時計や上着などなど。
ひょいと片付けられるし、その分押入れや床のスペースを広く使える。
あれば便利な壁フックですはありますが、賃貸にかぎらずとも、なるべくなら家に穴は空けたくない人もいっぱいいるでしょう。しかし壁フックはつけたい。

そんな場合は、粘着タイプのフックを利用してみてはいかがでしょ?

粘着タイプといっても小物やキーホルダー用の耐荷重500gのものから、バックや上着用に耐荷重3.5kgまで掛けられる大型フックもあります。
用途に合わせて種類がありますので、カレンダー用や小物用、水気の多いお風呂場用など色々選べます。
両面粘着テープ使用なので、気になるのがフックをはがしたときのノリの残存ですが、使用事項を守った箇所に使用したものなら綺麗に剥がせますね。

色んな所に利用できますが、両面粘着テープでのフック固定になるので、掛けた荷物の重さでやぶける恐れがある塩ビ製、布製、紙製の壁紙の壁や、取り付ける壁が凸凹していたり曲面のものには使用できないようですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です