• このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品が安くなる? ジェネリック医薬品とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

医薬品が安くなる? ジェネリック医薬品とは

医薬品が安くなる? ジェネリック医薬品とは

最近は紙を受け取って病院を出て、薬局で処方箋を受け取るようになって来ましたね。
親切な薬剤師の方だと、病院から渡された紙を薬剤師に渡すときに、値段が安くなるジェネリック医薬品にしますか?と聞いてこられたりします。

お薬は自分の身体を健康状態に戻したいから頼むもの。
しかも今苦しみの真っ最中のときに、お値段気にしてどうする自分? 

なんて思うこともあるかもしれませんが、安いからといって薬品の主成分が少ない。といったわけではないのがジェネリック医薬品です。

だいたいジェネリック医薬品にするか聞いてくる薬剤師の方なら、ジェネリック医薬品がどういったものかキチンと説明してくれる人がほとんどだと思いますが、簡単に説明しますと特許が切れて他の製薬会社が製造・販売をしている医薬品をいいます。
「後発医薬品」ともいわれていますが、一般的にはジェネリック医薬品と呼ばれる方が多いようですね。
この「後発医薬品」に対して先発にでてた医薬品を「先発医薬品」といいます。

安くて主成分が同じなら可能な限り全て「後発医薬品」でいいじゃない。
・・・というと、どうやらそうでもない様子。

その医薬品の主成分に対しての特許は切れているものの、製造における細かな部分まで「先発医薬品」とまったく同じに「後発医薬品」が作られているとは限らないことから、例えば薬が身体に浸透する早さなどに誤差が生じ、「先発医薬品」の時よりも効果が表れにくかったりといったことが起こる可能性も無いとはいえないようです。
以上のことから「後発医薬品」への変更を自分から勧めない医者の方もいらっしゃるという話もあります。

このあたりは個人差もあって難しい問題であります。
自分の身体のことですので、多少高くても今まで使用しててキチンと効果が確認できた「先発医薬品」の方がやっぱり安心する。という人もいるでしょう。
よく考えてジェネリック医薬品に変更するかどうか決めてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です