• このエントリーをはてなブックマークに追加

源泉徴収票の「内」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

源泉徴収票の「内」とは?

源泉徴収票の「内」とは?

給料明細書などにいっしょに入っている源泉徴収票。
源泉徴収票は、会社を辞めて転職するときなどに必要になってくる紙です。

びっしりと数字が並んだ紙を見ていると頭が痛くなってきますが、その年いくら稼いで、そしていくら所得税として徴収されたか書かれた紙、しっかりチェックしておかなくてはいけません。

さてこのやっかいな源泉徴収票には特殊な書き方の中に

内 ○○○○ ←○○○○の中には金額が明記されている

といったものがあります。

はたしてこの

内 ○○○○

とはいかなる金額なのか?

これは大体2行に分けて記入されており、例としては

内 10,000
  90,000

といった書き方がされます。
これはどういったことかというと、

90,000がその年の所得税として徴収する金額
10,000は給与が支払われていない等で、その年中に徴収できなかった金額

という読み方になります。
なので下の行にしか数字がない場合は、その年徴収できなかった金額は無し。ということになります。

今回の記事はこちらのサイトを参考にさせていただきました。http://今日覚えたこと.biz/?p=167

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です