• このエントリーをはてなブックマークに追加

古物商取引が必要になる条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

古物商取引が必要になる条件

古物商取引が必要になる条件

足をつかって店をまわっていたのも今や昔。
たとえ九州にいても北海道にあるものが見つかってしまう。それがネットオークションの魅力のひとつです。

買い物をやっていると、自分でも使わなくなったものを出品してみようと思い始める方もいらっしゃるでしょう。

さてネットオークションが盛んになってきてから、目立ち始めた古物商許可という文字。

まずどういったものかざくっと説明しますと、商売として古物をどこからか買い取り、その古物で金銭のやり取りが発生する場合に必要となる許可をいいます。

これは買い取った古物を販売はもとより、買い取った古物を貸すことでレンタル料金をもらう場合も必要になってきます。
買い取った古物を物々交換する場合、これも金銭のやりとりが発生していませんが古物商許可が必要のようです。

ではヤフオクなどで、中古ショップで購入したものを出品する場合はどうかというと、これは自分の使用のために購入し、遊び終えたり読み飽きたりした「自分の物」をオークションに出品する場合は古物商許可は必要ないようです。

↓↓↓ 以下、警視庁HPの古物営業法FAQから抜粋 ↓↓↓

Q.
既に「古物」となっている物品を購入して売却する行為は、すべて古物営業に該当しますか?

A .
「営業」として行わず、一回的に行う場合は該当しません。営業とは、営利の目的をもって同種の行為を反復継続して行うことをいいます。「営業性」の有無については、行為の実情に即して客観的に判断されます。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

他にも古物営業法に関して、警視庁のHPで詳しく説明がなされています。
疑問点があったら一度目を通してみてください。 →こちらをクリック(警視庁古物営業法FAQ)

それでも分からないことがあったら、直接警察の方に相談に行くのがなによりもベストですね。
それでは正しい知識を入れた上で、ネットオークションライフをお楽しみください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です