• このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥機の乾燥能力UP術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

乾燥機の乾燥能力UP術

乾燥機の乾燥能力UP術

雨の多い梅雨時などに大いに活躍してくれる乾燥機ではありますが、洗濯後のしっとりとした衣類をふんわりほっかほかにしてくれる分、電気代がかなりかかります。

それだけ乾燥するのにエネルギーが必要なのですが、逆に考えると、乾燥が速ければエネルギーの消費を抑えることができます。
エネルギーの消費が抑えられるということは電気代が抑えられるということですね。

乾燥機は別になまけているわけではないので、いままで真面目にやっているものを速くしろ!というのは刻。

ではどうすればいいのかというと、乾燥機を動かす前、つまり脱水完了後に、水分を吸収しやすい布製品を一緒に入れておけばOKです。

身近なもので該当するものはバスタオルですね。

ある程度のサイズがあり、身体の水分をふき取るために作られたタオルですから、水分吸収率はバツグン。

乾燥機もメーカーや機種で色々ありますので一概には言えませんが、上手くいくと10分くらいの時間短縮になります。

家族が多い家庭とか、洗濯量が多く日に2~3回乾燥機を回すようなところだと、月々の電気代もだいぶ変わってくると思うテクニックであります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です