• このエントリーをはてなブックマークに追加

使っていない家電無いですか? 待機電力を抑える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

使っていない家電無いですか? 待機電力を抑える

使っていない家電無いですか? 待機電力を抑える

「待機電力」は「待機時消費電力」もしくは「Stand by power」とも言われており、コンセントに接続されている家電製品が、電源をOFFにしている間でも電力を消費していることです。

待機電力が多いものではAV機器や、給湯器などがあげられます。
家でパソコンでインターネットをしている所だと、モデムも待機電力の多い機器にあげられますね。

待機電力は月々の電気料金の10%を占めているといわれており、ここから電気代の節約が見えてきますね。

単純に考えると、リモコン等で電源をOFFにしても、コンセントに接続されているため待機電力が発生しているのなら、プラグをコンセントから抜いてしまえばいいじゃないか。

と思われる方もいるかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

製品にもよりますが、プラグを抜いてしまったことでその機器のタイマー設定が初期値に戻ったりするかもしれません。
プラグの抜き差しのサイクルが早いと、機器内にかかる電圧がブレまくって機器自体の寿命が短くなるだけでなく、コンセントからプラグが抜けやすくなって、漏電や感電の恐れもあります。
動作中の機器のプラグをいきなり抜くことで、故障の原因になるとも言われています。

待機電力が0の機器や0に近い機器もあり、良かれと思っていたら実はそうでもない結果が訪れることがあるということです。

待機電力の無い機器を知ることや、スイッチ付きのテーブルタップの利用、待機電力が多い機器でも、今では技術が進んで待機電力を抑えた製品があるので、そういったものを購入する。といったことも電力の節約になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です