• このエントリーをはてなブックマークに追加

LED電球に変えて電気代を絞る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

LED電球に変えて電気代を絞る

LED電球に変えて電気代を絞る

LEDという言葉は90年代からじわじわと一般家庭の目にも入ってくるようになりました。
はじめて文字を見たときは「れっどらいと」「れっどしょうめい」と読んでしまいがち…なのは私だけでしょうか。
「エルイーディー」と、アルファベットそのまま読むのが正しいようです。

「LED」は発光ダイオードのことです。
LEDによる光エネルギー変換の流れは、話の難易度がとたんに跳ね上がってしまうので省略しますが、このLEDを利用した電球で電気代を節約していこう。というお話です。

電気屋さんをのぞくと、LED電球は馴染み深い白熱電球などと比べると、お値段が高いです。
ワンコインで購入できる白熱電球と、紙でできたお金に登場してもらわないといけないようなLED電球。
これはさすがに躊躇してしまいます。
LED電球は電球の中に電源回路が埋め込んであったりと、製造に手が込んでいるのが理由に挙げられます。

が、それだけの、それ以上のお特感がLED電球にはあります。

なんといっても消費電力。
白熱電球とほぼ同じ明るさなのに、消費電力はその半分…どころか5分の1以下。エコすぎです。
しかも寿命は20倍以上。
これは同じく白熱電球より消費電力がぐっと少ない電球型蛍光灯と比べても4倍以上の長持ちアイテムです。

たしかに初期投資はお高くなりますが、電気代の節約はもちろん、取り付けが大変な高い所の電球の交換の手間が20分の1にもなることを考えると、全然高い買い物ではないことが分かります。

ためしに突然切れてもらっても困るトイレの電球をLED電球に変えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です